BIOGRAPHY

Shinichiro Kawauchi

No music, no life

1969年生まれ。水瓶座、B型。


フォークギターとトランペットを嗜み、オーディオ好きでレコードコレクターでもあった父の影響を受け、

幼少期よりどっぷり音楽漬けの日々を過ごす。


3歳より某大手楽器メーカー系音楽教室に通い、5歳から11歳までクラシックピアノのレッスンを受ける。


それとは別に、小学生の頃は、当時流行の歌謡曲を耳コピでよく弾いていた。

夜になると、そんな私のピアノをバックに、酔っ払った父は上機嫌に歌っていたものだ。


また、9歳の頃、祖父のお下がりのラジカセでFM放送を聴き始め、洋楽に興味を持つようになる。

早熟な子供時代であった。


中学校に入り、近所に住む怖い先輩になぜかスカウトされ、半ば強引に吹奏楽部に入部させられる。

ここで、トロンボーンとの運命的出会いを果たすことになる。


13歳の頃、音楽の授業でドビュッシーの「月の光」を聴き、非常に強い衝撃を受け、

再びクラシックピアノの世界に戻ることとなる。

それまで知っていたクラシックの楽曲とは違い、テンションコードを多用した、豊かな色彩感が気に入ったのだと思う。


レッスンを再開することも、音楽系の学校に進学することもなく、

独学でドビュッシーやラヴェルなど、近現代の楽曲を演奏するようになる。

また、この頃から、独学で作編曲(主に吹奏楽)を始める。


そんな19歳の冬、たまたま遊びに行った友人宅で、ジョージ・ウィンストンのソロピアノアルバム「Autumn」を聴き、

再び強い衝撃に襲われ、言葉にできないほどの感銘を受ける。

特に、当時すでにTVCMで有名だった楽曲「あこがれ/愛」に深く感動。以降、彼の楽曲の数々を演奏するようになる。


また、リズ・ストーリー、フィリップ・アーバーグ等、アメリカのニューエイジ系ピアニストたちの作品にも興味を持ち、

彼らの楽曲を演奏するようになる。


20歳の頃、トロンボーンでビッグバンドに参加する機会をいただき、

以降、トロンボーンに関してはクラシックからジャズへと傾倒していくことになる。


30歳の頃、ピアノでビッグバンドに参加する機会をいただき、ジャズピアノの世界に足を踏み入れる。


40歳の頃、さまざまなご縁に恵まれ、本格的な音楽活動を始める。


45歳の頃から、オリジナルナンバーの発表に力を入れ始める。


現在、ピアノはジャンルやカテゴリを問わず、ソロから大編成バンドまで幅広く活動中。

トロンボーンはジャズ系をメインに、テーマパークでのイベント演奏などでも活動している。



現在活動中の主なユニット、バンド


Sun O'clock FacTory(SOFT)

2009年結成。サックス、ベース、ピアノのトリオ。

ジャズ系ミュージシャンの集まりでありながら、ジャンルを超えて幅広いサウンドをお届けするユニット。

ショッピングモールやホテルロビーなど、パブリックスペースでの演奏をメインに活動中。


Fluffy

2015年結成。ユーフォニアムとピアノのデュオ。

オリジナルナンバーをメインに、J-POPや昭和歌謡など幅広く演奏。柔らかくて温かいサウンドをお届けするユニット。

老人福祉施設慰問演奏、ジャズフェス、地域密着イベントなどで活動中。


吉田音楽隊

2016年結成。サックス、アコーディオン、トロンボーン、ドラムの4人組。トロンボーンを担当。

テーマパーク内練り歩きのため立ち上げられたユニット。

電源不要、野外でもどこでも演奏OK!


Good Weathers Bigband

2017年結成。プロアマ混成ビッグバンド。ピアノを担当。

定禅寺ストリートジャズフェスティバル(仙台市)出演のため、バンド立ち上げから参加。

仙台市のみならず、東京都内近郊でも積極的に活動中。


Lapan Kawan

2019年結成。できたてホヤホヤの新ユニット。シュピール室内合奏団と同じ編成の超少人数吹奏楽団。ピアノを担当。

フルート、ソプラノサックス、アルトサックス、クラリネット、ホルン、ユーフォニアム、チューバ、ピアノの8人で、

既存の吹奏楽曲はもとより、オリジナルナンバー/アレンジ作品を数多く演奏していきたい。